トップページ > お知らせ > 第3回規制訓練会レポート

お知らせ

第3回規制訓練会レポート
2017.06.09

p1.jpg
規制訓練会も毎年恒例行事となり、今年も埼玉県警備業協会の施設をお借りして実施しました。

今回は昨年に比べ規制員のユニフォームであるオレンジの制服を着たメンバーが増えました。
今期は社員教育プログラムを実施して規制員としてのスキルアップを図る取り組みを行ってきました。

今年のテーマは『スキルアップ』。
基本的な技術と知識、思考力・準備力を向上させ、現場力を底上げする目的で行われました。

開会式

海野社長挨拶

p2.jpg

グループとして警備力の向上を本気で目指す。
規制業務は警備力向上の一助となり設備力と相まってグループの力となる。
この業務には先を見据えた戦略があるのでレベルアップして増班を目指したい。
実技訓練で基本規制のノウハウを習得すると共に、準備力を上げて個々のレベルアップを目指して欲しい。

ライフサポート小林氏からの講義
p3.jpg
最近の交通事故の傾向や年齢別等の統計、判例タイムズから引用して過失割合の過去事例の紹介があった。
昨今では様々な賠償保険があり、仕事上のトラブルで企業だけでなく、個人の責任が課せられる例がある。
業務を行う中で1人1人が自覚して判断し個々人が事業主のつもりで自信と責任感をもって業務にあたって欲しい。

座学講習

1時限目
資機材使用の基礎知識
綺麗でかっこいい規制帯を作る為にLED等の発光型資機材の正しい角度や設置方法について。
設置時の安全確保や不安全行動の撲滅。無線機使用時の注意点などの講義が行われた。

p4.jpg p5.jpg

2時限目
グループワーク

p19.jpg

規制帯設置計画を検討して立案し発表。
仮想(1部実施工)の現場図面にグループごとに違う設定の課題を与え、思考力・判断力・危険予知力を磨いた。

p6.jpg p7.jpg

午後より埼玉県警備業協会のグラウンドに移動し実技訓練開始!

p9.jpg

準備体操
p10.jpg
作業前のストレッチも一つの準備。
負傷防止と職務遂行の為にしっかり行うのもプロの仕事です。

片側交互規制帯の設置訓練

下記図面を基に無線機を使用して片側交互通行誘導を行いつつ規制帯の設置・撤去を行う。

p11.jpg

整列をしてチームを作成。 バイクを走らせ臨場感を出す。
p12.jpg p13.jpg

規制帯の設置・撤去作業の模様。 作業速度も大事だが、安全と正しい設置角度を意識。
p14.jpg p15.jpg

積込訓練(準備工)
p16.jpg

図面から降ろしていく資器材の順番を想定してスムーズな施工が出来るように積み込んでいく。
p17.jpg p18.jpg

閉会式
p20.jpg

規制事業部の 塚本上席推進役より訓練会の感想とウルトラ警備隊の櫻井上席推進役、島崎上席推進役より
アドバイスがあった。

p21.jpg p22.jpg

最後に原常務取締役(規制隊長)より総括があり、今年も規制訓練会は無事に終了となった。

p23.jpg

今年は準備工・設置・撤去の規制工と安全確保の為の誘導員との連携を重視した中身の濃い
訓練会となった。

グループの重要課題としての準備力と警備力の向上を意識しつつ各人が暑い中、訓練に励んだ。
この経験を生かし、更に安全でかっこ良く、綺麗な規制を目指し、日々精進する決意を持った日となった。

我々は何処よりも安全で満足頂ける業務を提供すべく頑張っております!

今後もZENKO規制隊を何卒、宜しくお願い致します!

バックナンバー